トップへもどる

【1人でもできる】洗濯機給水ホースの正しい外し方

洗濯機

2018.07.04

引越しや新しい洗濯機を購入したとき、自分で洗濯機を取り外せたら費用もかからず気軽で便利ですよね。

今回は洗濯機を取り外す時に大切な給水ホースの外し方を説明します。

やってみると意外に簡単なので、記事を参考にぜひ挑戦してみてください。

作業に必要なものを準備

給水ホースを外す作業に必要なのは次のものです。

* 水受け用のバケツかタオル(作業中の水濡れを防ぐため)
* 小型プラスドライバー(四つネジ式のニップルを外す場合のみ)
* ナット(蛇口の先を自分で交換したことがある場合のみ)

ニップルを外す場合には小型プラスドライバーが必要

蛇口に四ネジ式のニップルが付いている場合には、プラスドライバーを使って取り外します。この場合、壁側のネジを回すときに取手がつかえないよう、小型のプラスドライバーを使用すると便利ですよ。

蛇口の先を交換したことがある場合はナットで元通り

もしも自分で蛇口の先をニップル付き蛇口などに交換したことがある場合には、そちらを外して元の蛇口を取り付けなければなりません。その際にナットを使用します。

洗濯機置場の水栓が洗濯機専用の蛇口で、もともと備え付けられていた場合には、そのまま外さずに残しておきます。

そのため作業は給水ホースの取り外しのみとなり、必要なものはバケツかタオルだけです。

給水ホースを外す7つの手順

洗濯機周りの給水ホースの外し方
作業に必要な道具が揃ったら、洗濯機の給水ホースを外してみましょう。
水浸しになったりしないよう手順に気をつけて行ってくださいね。

手順1.蛇口を閉める

まずは、洗濯機に給水ホースで繋がっている蛇口を閉めましょう。

手順2.給水ホースの水を抜く

次に給水ホース内に溜まっている水を抜きます。

手順1で蛇口を締めたまま、洗濯機を30秒〜1分ほど運転してください。

このとき、洗濯コース、または洗浄コースを選んでスタートしますが、機種によりどのコースを選ぶのか異なるため、取り扱い説明書を参照してください。

洗濯機に水が流れ込まなくなれば、給水ホースの中の水抜きは完了です。

※それでも給水ホース内に水が多少残っている場合もあるため、水受け用のバケツかタオルは必ず用意しておきましょう。

手順3.電源を切る

給水ホースを外す前には安全のために電源を切りましょう!

手順4.洗濯機側から給水ホースを外す

給水ホースを外すときには、必ず洗濯機側から外しましょう。
なぜなら、給水ホースには水圧がかかっているので蛇口側から外すと水が噴出する可能性があるためです。
洗濯機側は白い大きなツマミを左に回すと簡単に外れます。

もしも給水ホースから残水が出てきたら、バケツかタオルで対処しましょう。

手順5.蛇口側の給水ホースを外す

次に蛇口側の給水ホースを外します。

給水ホースの先についている小さなロックレバーがニップルのツバにかかっていますが、それを外して、ロックレバーを引き下げてください。

ロックレバーを引き下げながら、給水ホースを下にまっすぐ引くと外れます。

ここでも残水が出ることがありますので、バケツかタオルで受けてください。

ニップルを外したり、蛇口の先を元に戻す必要のない場合には、作業はこれで完了です。

手順6.蛇口についているニップルを取り外す

もしも蛇口に四ネジ式のニップルが付いている場合には、新しい入居先で必要になるかもしれないため、そちらも取り外します。

小型プラスドライバーを使って四つのネジを緩めれば簡単に外せます。ネジをなくさないように気をつけてくださいね。

手順7 .蛇口の先を交換した事がある場合には元に戻そう

蛇口は必ず元通りにして交換
引越しで洗濯機を外す場合、もしも今までに自分で蛇口の先を交換したことがある場合には、そちらを外して元から付いていた蛇口を取り付けておくことを忘れずに。

蛇口の先をナットで閉めて取り付けるタイプの蛇口であれば、しっかりと締めておきましょう。

引越し時には、ニップルや給水ホースは紛失しないよう、ビニール袋に入れておきましょう。

蛇口ごと外して持って行かないように注意!

引越しで急いでいるときに意外とありがちなのが、給水ホースを外す際に蛇口ごと外して持って行ってしまうというケース。

しかし、もちろん蛇口は建物の備品なので外さずに置いておかなければなりません。後で管理会社から費用を請求されたりしたら大変です。

ただし、蛇口の先をオートストッパー式などに自分で交換してあった場合には、それは外して持って行っても大丈夫です。
その際には元の蛇口の先を取り付けて、元通りにしておきましょう。

スポンサードサーチ

まとめ

洗濯機の取り外し工事を業者に頼むと、縦型自動洗濯機で約1,500円〜、ドラム式洗濯機で約5,000円〜の費用がかかります。
自分で行えば費用もかかりませんから、上記を参考に給水ホースの取り外しに挑戦してみてくださいね。

出張・見積無料
24時間365日受付