トップへもどる

キッチンの排水口の掃除方法と詰まらせないコツ

キッチン

お手入れ

つまり

2018.07.04

排水口の汚れを放置している人、ご注意ください。そのまま放置していると、溜まった汚れによる異臭、詰まり、害虫の発生などにつながります。

排水口は、雑菌が繁殖しやすい場所なので、清潔に保ちたいですよね。

ここでは、排水口の掃除方法と詰まらせないコツを紹介します。

排水口の掃除方法と流れ

台所掃除で必要なもの

排水口が汚れているキッチンで料理をすると、せっかくのやる気も台無しになってしまいます。

気持ちよくキッチンで料理するためにも、水回りの掃除をしましょう。

【排水口掃除に必要なもの】

  • キッチン用中性洗剤
  • ゴム手袋
  • スポンジ・ブラシ
  • ふきん

キッチン用中性洗剤は刺激が強く、人によってはマスクの着用をおすすめします。刺激の弱い方がいいという場合は、中性洗剤の代わりに「重曹+酢(クエン酸)」を使用しましょう。

【掃除前に準備しておくこと】

  • ゴム手袋を着用
  • 換気できるように窓を開ける
  • 排水口のフタやゴミ受け、排水トラップを取り出す
  • スポンジにキッチン用中性洗剤をつけて、各部品を洗い流す

ゴム手袋を着用した際、洗浄液がたれないよう端を折り返すことをおすすめします。

低刺激で人と環境に優しい「重曹+酢」を使用した掃除方法

掃除の手順は以下のとおりです。

  1. 排水口の上から重曹をまんべんなくかけます。排水口の表面が見えなくなるくらい重曹を使用し、排水口の部品にもかけましょう。
  2. 重曹の上から酢またはクエン酸(重曹の半分の量)をかけます。泡がでてきたら、約30分放置しましょう。
  3. 40〜50℃の湯で綺麗に洗い流します。熱湯を流してしまうと、排水パイプが破損するおそれがあります。
  4. しつこい汚れは、スポンジや歯ブラシでこすり落とします。

「重曹+酢」以外の掃除方法

「重曹+酢」のほかにも、漂白剤や洗剤を使用した掃除方法があります。そのなかでも代表的なものを紹介します。掃除の手順は、上記で説明したものとほとんど同じです。

酸素系漂白剤

桶に約50℃の湯をはります。

そこに酸素系漂白剤を指示どおりに溶かし、取り外した部品を浸けます。5〜10分放置したら、溶かした漂白剤を流し、部品を流水でよく洗いましょう。

塩素系漂白剤・塩素系洗浄剤

スプレータイプがおすすめです。

使用方法は、スプレーを排水口の中や部品などに吹きつけます。5〜10分放置し、水でよく流しながら汚れを落としましょう。

排水パイプには液体パイプクリーナーがおすすめ

排水口の奥にある排水パイプの掃除には、液体パイプクリーナーがおすすめです。粘度が高いものであれば、より汚れに密着し効きやすいです。また、上記で説明した「重曹+酢」も排水パイプの掃除が可能です。

パイプクリーナーを使用する際、約50℃の湯にボトルごと浸けて温めると、薬剤の洗浄効果が上がります。沸騰した湯を使用すると、ボトルが破裂する危険性があるのです。

使用方法は、直接ボトルから排水口に流しこみます。量の目安は、使用している商品の目的別使用量から確認しましょう。

15〜30分放置後、充分に水を流します。

使用する際に注意する点は、長時間放置してはいけません。取れた汚れがパイプにつまる場合があります。

排水口の汚れを予防し詰まりを防ごう

日頃から実施できるもの
排水口の汚れがひどくなる前に、日ごろから実施できるものをまとめました。

  • 料理で使用した油は流さない
  • 頻繁に掃除する
  • 排水口に薬剤が少しずつ溶けていくものをセットする
  • 排水口に水切りネットをセットする
  • 丸めたアルミニウムを排水トラップに入れる

使用した油は流さず綺麗に拭き取り捨てる

キッチンに直接油を流すと排水パイプに付着し、水が流れにくくなります。

また、排水パイプの中で変形しできた「オイルボール」が、川や海に流出し、環境問題につながります。

使用済みの油を処理する際は、よく冷まして、紙パックに入れ、テープでしっかり蓋を閉じてから、燃えるゴミと一緒に捨てましょう。

少量の油は、新聞紙やキッチンペーパーなどで拭き取り捨てます。

アルミボールでぬめりや臭い予防!

ぬめりや臭い予防には、アルミニウムを使用します。アルミニウムは水に濡れると化学反応で金属イオンが発生。この金属イオンにより臭いを抑えられます。

アルミニウムを丸め、ピンポン玉ほどのものを4つ作りましょう。

その際、アルミニウムをきつく丸めず、ふんわりと丸めると効果的です。

作成中、アルミボールが排水パイプに入らないよう気をつけましょう。綺麗に洗った排水トラップの中に入れます。

排水口にアルコール除菌剤を吹きかける

掃除後、排水口にアルコール除菌剤を吹きかると、雑菌の除菌や増殖を抑制できます。

排水口と同様に、三角コーナーやシンクにもスプレーしましょう。

まとめ

排水口の汚れやつまりは、日頃のお手入れで予防し、清潔に保ちましょう。

また、排水口の掃除で、洗剤や漂白剤などの刺激物を使用する際は、体への影響に充分気をつける必要があります。

子どもやペットがいる家庭では、口に入っても大丈夫な「重曹+酢」をおすすめします。

それでも、排水口の悪臭やつまりなどが解決しない場合は、専門業者に依頼することもひとつの手です。

出張・見積無料
24時間365日受付