トップへもどる

蛇口を閉めても水がポタポタ落ちる!原因と対処方法

蛇口を閉めても水がポタポタ落ちる!原因と対処方法

台所で洗い物ををしていて蛇口をひねって止めようとした時に、レバーやハンドルから水がポタポタと落ちてくるという経験をしたことはありませんか?
しっかり閉めたはずなのにポタポタと水が流れてしまい、これでは水道代も余計にかかってしまいます。。。

カートリッジ交換やパッキン交換は応急処置

まず最初に対応すべき点は、主に原因となっているシングルレバー式の蛇口でしたらカートリッジ交換、バルブタイプでしたらパッキン交換になりますが、使用年数が10年以上経っている蛇口ですと、そもそもレバーが壊れやすくなっている状態になっている可能性が高いため、蛇口を交換した方が良い場合もあります。
10年を目安として、蛇口の交換を検討してみても良いと思います。

また、レバーに原因がある場合、良くある事象として特定の場所なら水が出たり、止まったりすることがあります。
老朽化が進み、レバーが壊れている状態の時に発生しやすいなります。
もしこの状態になっているのであれば、交換を検討してみても良いでしょう。

また、使用年数が短い蛇口については、メーカーによって多少の違いはありますが2年間程は保証期間になっていますので、まずはメーカーに連絡してみても良いでしょう。

すぐに蛇口交換を進めてくる業者に注意!

スタッフからのアドバイス スタッフからのアドバイス

中にはすぐに蛇口交換を進めてる業者がいますが、
使用年数が長い蛇口でも、カートリッチ交換やパッキン交換でしばらくは使える状態になります。
もしそういった業者にあたってしまった場合は、一度別の業者にも頼んでみると良いでしょう。

勿論、弊社でも修理を受け付けておりますので、
お気軽にお問い合わせください。

出張・見積無料
24時間365日受付