トップへもどる

トイレから水漏れしている!

トイレ

気づいたらトイレから水漏れが...

ご家庭で毎日使う、生活に欠かせないトイレ。ほかの水回りなら、何かで代用ができそうですが、トイレばかりはそうはいきません。トイレが使えないというのはご家庭の一大事ですね。
トイレはいつでも流せるようタンクに水を貯めておいておくものが一般的ですので、水漏れの量が多いと、階下へ水がしみ出すなど、トラブルの原因にもなりかねません。
できるだけ早く原因を探って対策を取りましょう

水漏れの主な原因

トイレの水漏れは、ほとんどが経年劣化に起因しています。
主な原因として、下記のような場合に水漏れが起こりやすくなります。

【パイプなどの接合部分からの水漏れ】
トイレのパイプなどの接合部分から水漏れが発生している場合、
ほとんどが、パッキンやナットなどの劣化・ゆるみが原因です。対処方法といたしましては、劣化している部材を交換したり、緩んでいる部分を見つけしっかり締め直すことで改善できます。

【トイレタンクが原因の水漏れ】
トイレタンクから水漏れを起こしている場合は、
上記のトイレパイプから水漏れを起こしているケースと同様に接合部分からの水漏れする場合と、タンクがきちんと機能していないことが原因の場合とがあります。
タンク内部の部品が劣化したり、位置がずれてしまって水漏れを起こすことがあります。
近年、トイレタンクにペットボトルなどを沈めて節水する節約方法を行なっているご家庭が多くありますが、それらが水尾通り道をせき止めてしまっている場合などもありますので、こういった節約方法は控えることをお勧めいたします。

【温水洗浄便座からの水漏れ】
こちらも、やはり接合部分からの水漏れと、本体のトラブルが考えられます。ウォッシュレットの水漏れの場合は、経年劣化が原因となるケースが多く、温水洗浄便座を劣化させないためにも、日ごろのお手入れは大事です。
特にノズル部分はついおろそかにしてしまいがちですが、最近では簡単にお手入れできるように、「ノズル洗浄ボタン」が付いている場合が多く、
水が出ない状態でノズルを引き出してお掃除できるので、こまめにお手入れしてトラブルを防ぎましょう。

【便器からの水漏れ】
便器下部が結露しているケースや、本体にヒビが入るなど損傷している場合があります。しっかりチェックして水漏れしている場所を確定してから、対処することが重要です。

困ったら業者に依頼することが安全です

スタッフからのアドバイス スタッフからのアドバイス

連結部分のナットを締める、パッキンを交換するなど、自分でできる対処法を試しても水漏れが直らない場合は、パイプそのものが損傷している可能性があります。
パイプの損傷となってしまうと、ご家庭で対処することは難しく、修理しようとしてトイレのパーツに傷をつけてしまうなど症状が悪化してしまう可能性がありますので、無理はせず業者に依頼することをお勧めします。
また、トイレの水漏れを発見した場合は、まずは止水栓を閉め、被害の拡大のリスク回避するを心掛けてくださいね。

出張・見積無料
24時間365日受付