トップへもどる

トイレレットペーパーの流し過ぎが原因のトイレつまり

トイレ

トイレの水が流れなくなって、便器に水が溜まったままに・・・

トイレのあとにレバーを引くと、ゴボゴボという音がしてトイレが詰まってしまいました。タンクから水が流れるがトイレが詰まっている為、流れていきません。
今にも便器から水が溢れそうで、どうしてよいかわかりません。。


何度も流さないでください!

トイレが詰まった場合は、何度も流すと便器から水があふれてしまいます。
通常はタンクよりも便器の方が容量がありますので、2回程度流しても溢れないように設計されていますが、何度も流すと便器の容量をオーバーしてしまい、トイレが水浸しになってしまいます。

■ラバーカップでの対処
症状が軽い場合は、2、3回程度で流れるようになります。
5~10回程試して、それでも改善できないようであれば業者に相談してください。
また、ラバーカップの使い方はこちらのページで紹介していますので、ご参考の上試してみてください。
https://www.suido-trouble.net/toilet/post-274/

■お湯で流す
お湯で流すとトイレットペーパーが溶けて流れる場合があります。注意点として、熱湯をトイレに入れてしまうと熱で便器が割れてしまう危険性があるので、必ずぬるま湯で流すようにしてください。

症状が悪化してしまい、水が逆流してトイレの水が床に溢れるようなことになると、マンションであれば下の階への浸水など、2次被害の可能性もあります。
自分で対処が難しいと感じるのであれば、落ち着いて修理業者にご連絡ください。

まずは元栓を閉めて、業者に連絡してください!

スタッフからのアドバイス スタッフからのアドバイス

トイレが詰まると焦って何度も流したり、ラバーカップで何度もつまりものを取ろうとして逆に状況を悪化させてしまうケースがあります。
つまりの原因は様々でトイレットペーパーのようなものから、誤って電話やおもちゃを落としてしまったりと一筋縄ではいかない場合があります。
まずは元栓を閉め、これ以上水が便器に流れ込まないようにしてください。

出張・見積無料
24時間365日受付